入江三宅
ABOUT US
WORKS
NEWS
RECRUIT
CONTACT
ACCESS
COLUMN
都市づくり研究所
RECRUITEMENT English Japanese
 
INDEX
CAREER
MESSAGE
 
 
メッセージ
関 佳子
関 佳子
 入社して一年が経とうとしています。日本橋のオフィスビルの設計の実施設計を経験し、そこではCADの基礎を学びながら図面作成を行いました。そして現在は大学の新築キャンパス計画の基本・実施を担当し、それが何と私の母校であるという貴重な経験をさせて頂いています。設計作業では、チームを組みクライアントの要望を取り入れながら模型やプランを作成し、それを基に検討を幾度も重ね建物を計画していきます。実務の中では、多岐にわたる能力を求められます。不足している部分は先輩達にフォローして頂きながら補い、経験し得た知識はきちんと蓄積することを心がけています。常に仕事に誇りを持ち、建築の持つ可能性を追求する先輩方の姿を見て刺激を受ける毎日です。当社には活躍している女性の先輩も多く、周囲の人に助けて頂きながら、女性でも安心して働ける環境であると思います。
 また、多くの社内行事や勉強会や現場見学会が企画されます。そこに積極的に参加することにより、知識を向上に役立てることが出来ると同時に、普段仕事で関われない先輩方とも接するよい機会となります。人生の先輩として魅力的で信頼出来る方が多くいるため、仕事以外でも多くを教わっています。 (Feb./2010)
中村 恭太
中村 恭太
 幸せな会社環境とは何か?このメッセージを送るにあたって自問した時に、その仕事に愛情と誇りを持って働いている人達に囲まれている事に勝るものはない、という答えに辿り着きました。もちろんそれは何れの職種に限った事ではないのですが、その中でも建築設計に携わる人々から受ける印象は特にその傾向が強い様な気がします。
 恐らくそれは、自己研鑽という格好の良い言葉で括ってしまうには余りにも辛く厳しい学生時代の徹夜の日々(笑)を潜り抜けてなお、建築を志す皆さんの中に自然と宿るものなのかも知れません。建設業を取り巻く社会情勢の厳しい昨今ですが、知恵を出し、体を動かして前に進んで行く先輩方の姿を見るにつけ、そのような個人、会社がある限り常に前向きであるべきと教えられ励まされる日々です。
 私個人の話で恐縮ですが、大学院からはドイツへ渡り、日本とはまた違った環境の中で建築を学んできました。そういった様々な背景を持つ人間を受け入れる、そんな雰囲気が弊社にはあると思います。ですから、建築について学生の内にしか出来ない事をこれまた十分すぎるくらい経験した、そんな皆さんを待っています。(Mar./2009)
丸岡 忠昭
丸岡 忠昭
 入社して約1年が経ちますが、社内の印象としては伸び伸びとした雰囲気だと思います。個人の創造性・自発性を尊重した風潮があり、新入社員であっても自由な発想で仕事に取り組めます。 この1年はコンペやプロポーザルに携わる機会が多く、社会に向けて提案していく事の意義を日々問われました。敷地に対してどのような建築がふさわしいのか、また、そこで生活する人々にとってより良い環境をいかに創造していくかといった課題に立ち向かえる事の充実感は計り知れません。限られた時間の中で、あらゆる可能性を検討して形にしていく事の楽しさと、それを端的に伝わるものとして表現していく事の難しさを日々実感します。大学で建築を学んできたとはいえ、実務を通じて得られる知識や経験は新鮮な事ばかりで刺激的な毎日を過ごしています。(Mar./2008)
藤原 智弥
藤原 智弥
 私は2005年入社ですが、これまでに個人住宅や老人ホーム、六本木ヒルズアリーナの大庇など様々な設計を経験させて頂きました。 そして現在は海辺の別荘を基本計画から基本設計、実施設計、現場監理まで一貫して担当させて頂いております。 まだまだ分からない事もありますが、フォローしてくださる先輩方のおかげでとても充実した日々を送っています。 当社は大きな組織事務所とアトリエ事務所のちょうど中間といったところでしょうか。 全体の様子が見渡せる規模で、アットホームな雰囲気のある職場環境です。 建築は一人で作れるものではありません。設計には私たち意匠設計者だけでなく構造設計者、設備設計者など多くの方々の協力を必要としますし、 実際に建物を建てるのは施工業者であり様々な職人さん達です。それらをまとめて、建築主の要望を満たす建物を作りあげていく大変さと楽しさを実感しております。(Mar./2007)
雨田 祥吾
雨田 祥吾
 私は、入社して2年目になり計画設計部に属しております。現在は入社時から計画・実施とずっと携わってきました赤坂のオフィスビルの監理を担当しています。入社して始めの1ヶ月はコンピュータや日影ソフトの研修を行い、実務に必要な最低限の基礎を学んできました。その後、現在のプロジェクトのチームに配属され、数多くの模型やプランを作成し、チーム内でディスカッションを交わしながらクライアントの要望や環境への配慮、新しいデザインの提案などをしながらひとつの建物を計画していきました。プロジェクトに配属されると、教えられて吸収するばかりでなく、自ら動いて得られる物も多くありました。また、事務所の先輩にも相談しながら一つ一つ建築の知識を貪欲に吸収していく意識が重要に感じています。現在、監理しているオフィスは、私が初めて手がける記念すべき物件となる為、建物が作られる過程を身に付けながら、最終的には建物に携わった皆が幸せになれるような建物にしたいと思っています。(Mar./2007)
 
 
 
入江三宅設計事務所
Copyright (C) IRIE MIYAKE ARCHITECTS & ENGINEERS, All Rights Resereved .