メニュー

footer logo

header en offheader ch off

header en offheader ch off

こちら編集デスク vol.3

カテゴリ: 建築デザイン 作成日:2019年03月28日(木)

2月に刊行された『建築ジャーナル 2月号』の
『こちら、編集デスク』の第三弾です。

今回は、東京以外の3作品をとりあげます。

 雑誌表紙

こちら編集デスク vol.2

カテゴリ: 建築デザイン 作成日:2019年03月07日(木)

2月に刊行された『建築ジャーナル 2月号』は
すでにお読みいただけましたか?
『こちら、編集デスク』2回目は、掲載された作品から
オフィスビル3作品をとりあげます。

 雑誌表紙

 

こちら編集デスク vol.1

カテゴリ: 建築デザイン 作成日:2019年02月01日(金)

昨年暮れから続けてきた編集作業。
最新12作品を紹介した「建築ジャーナル2月号」が刊行されました。

今回は宿泊施設2、業務ビル2、生産施設2、その他病院、
大使館商業施設などバラエティに富んでおり、
表紙にはミャンマー大使館正面玄関などを採用しました。

今回はそのうち今年度に各種の賞を受けた3作品に焦点を当て、
写真とともに紹介します。

 雑誌表紙

 表紙

 

新しい年が始まりました

カテゴリ: 建築デザイン 作成日:2019年01月07日(月)

新年あけましておめでとうございます。
昨年は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。

 

今年は新しい年号になりますね。
消費税が上がったり、いろいろ変化の年になりそうです。

当社も良い方向へ変化の年となるよう一層努力してまいります。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

anna

 2019年始お花

団地再生とグッドデザイン賞受賞(新生「ひばりヶ丘」での連続受賞)

カテゴリ: 建築デザイン 作成日:2018年11月06日(火)

10月31日、今年のグッドデザイン賞の発表があり
当社設計の「プレミストひばりヶ丘」が受賞しました。

ひばりヶ丘団地再生事業の一環として、マンションに併設された
「フォレストサロンHIBARIDOひばりどう」が
「みんなでつくり、みんなで暮らす」というコンセプトの実現として評価されました。

 ① 賞状

西伊豆保養所改修しちゃいました

カテゴリ: 建築デザイン 作成日:2018年09月10日(月)

IMAには山の保養所と海の保養所があります。

 

猛暑が続く中、特に夏を愛する社員で西伊豆保養所の改修を実施しました!

せっかくなのでやりましょう。ビフォーアフター。

 4

暑気払い

カテゴリ: その他 作成日:2018年07月31日(火)

今年の夏は異常なくらいの暑さが続きますね。
東京でも37度を超えるなんてひと昔前じゃ考えられません!
この暑さはいつまで続くのでしょうか・・・

こんな時はみんなで冷たいビールとおいしいごはんで暑気払いをしましょう!

 

先日、毎年恒例の入江三宅の納涼会が行われました。

2018納涼会1

3時だよ 全員集合!

カテゴリ: 建築デザイン 作成日:2018年05月16日(水)

少し前に雑誌のインタビューで全員写真を撮る機会があった。

所長インタビューにより事務所のアウトラインを取材された後、

ラウンジと称する一番大きい部屋でスタッフを集め大集合写真。

会場の「ラウンジ」の背景壁面は図書の棚が占めているのでまずそれを整理。

ことに背表紙がそろっているものを整理。目立つ上の段には洋書類。

全員というと70余名なのだが打合わせや現場にいる人間を除くと集まったのは30名ほど。

例によって前列に先輩方を並べ中列に女性陣そして最後列に元気な若手という配置で
撮影に臨んだ。

集合写真

法隆寺金堂壁画

カテゴリ: 建築デザイン 作成日:2018年01月05日(金)

暮れも押し詰まった12月28日、朝日新聞で「法隆寺金堂壁画」の特集が掲載されました。ご存知のように奈良斑鳩の法隆寺は1949年(昭和24年)に火災により金堂内陣と壁画を焼損してしまい、これをきっかけに「文化財保護法」が制定されるなど当時の大きなニュースとなった事故に見舞われました。
実は、その焦げた木組みと焼損壁画をそのままに収めたのが、鉄筋コンクリートによる当社設計の収蔵庫(1951年竣工)です。現在は非公開ながら境内の一角に建っています。

新聞

創業の地めぐり

カテゴリ: 旅行 作成日:2017年11月22日(水)

昭和22年(1947)当事務所は岐阜の地で創業した。70周年同窓会を前に一度その発祥の地を訪ねてみたいと岐阜市を訪れた。
先輩より当時の住所と「堤防の内側でたびたび水に浸かった」という逸話を聞いていたので、その場所は長良橋のたもとであるというおおまかな目安をつけておいた。

1