header en off

header ch off

リバーハープタワー南千住

  • リバーハープタワー南千住
  • リバーハープタワー南千住
  • リバーハープタワー南千住

南千住駅東口は操車場跡地として残されていたが、つくばエクスプレス開通とあわせてウォーターフロントを生かした都心近接の街として整備された。住宅・都市整備公団(現在のUR都市機構)により複数の街区で一体的な整備が計画され、超高層住宅群による配置設計から公団北棟、公団南棟の設計を担当した。隅田川の湾曲部が楽器のハープに似ていることからこの名が付けられている。

所在地

東京都荒川区

敷地面積

 11,000m2

延床面積 43,000m2
用途

共同住宅

構造 RC
階数 39F
竣工年

2000年

備考